薄毛・抜毛の原因に「遺伝」

薄毛・抜毛の原因に「遺伝」

薄毛、抜毛の原因の一つに、

遺伝

という、これまたどうにもし難い原因があります。

iden

そういう私も、その遺伝という恐ろしい原因に襲われたうちの一人です。

小さい頃、髪の毛がフサフサだった私の父。
私が大きくなるにつれ、
一本・・また一本
と徐々に父の髪は抜け落ちていきました。

現在は、すっかり抜け落ちた・・
とまではいかないものの、
どこまでおでこ?
というくらい、髪の毛が後退し、
とてもとても広いおでこに仕上がっています。

父曰く、
このおでこの広さは、お前がかけた苦労の大きさだ!
と言い放ちます。

が、笑ってはいられないんです。
いつの間にか、私も40歳後半

徐々に父に負けないほどのおでこに仕上がってきているんです。

そもそもこの遺伝。
どういうものなんでしょう?

薄毛と男性ホルモンの関係をハミルトン博士はこういった研究をしています。

「去勢された男性の薄毛の進行具合を調査。」

男性ホルモンの「テストステロン」は睾丸から分泌されます。
ですから、とても恐ろしい話ですが、去勢すると、当然ですが
テストストロンは分泌されなくなります。

男性ホルモンのテストステロンは思春期以降に分泌され始めます
結果、思春期以前に去勢された男性は薄毛になることはなかったそうです。
テストステロンが分泌される前にその元を断ってしまうわけですから、
まあ、当然の結果ですよね。

そして、薄毛の男性が去勢された場合、薄毛の進行が止まったそうです。

つまり、

テストステロンが分泌されなくなると薄毛の進行が止まる。

言い換えれば、

薄毛の原因は、憎き「テストステロン」

となるわけです。

現在は、薄毛を引き起こしているのは
テストステロンが変化した「ジヒドロテストステロン(DHT)」
だということが分かっています。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭の
アンドロゲンレセプター
と呼ばれる部位に結合し、毛乳頭はTGF-β1という因子を分泌。

このTGF-β1が原因で、

毛母細胞の分裂が止まる。
毛母細胞が死ぬ。

といったことを引き起こします。

この、ジヒドロテストステロン(DHT)とアンドロゲンレセプターが

くっつきやすい人。

くっつきやすい遺伝子を持つ人が、

「遺伝」に悩まされている人なんです。

対策として、テストステロンの分泌カット!
ということは、
睾丸の除去・・
イヤイヤ・・
それは、無理です。
かと言って、私は父のおでこに近づきたくはありません。

今はいい時代です。
父の時代にはなかった、いい育毛剤がたくさん。

試しました。

私のお勧めは、チェップアップ(CHUP UP)

遺伝で悩まされそうなあなた。

既に遺伝で悩まされてしまっているあなた。

オススメしますよ。

チャップアップを。

↓  ↓  ↓

unker

 

関連記事

  1. チャップアップ(CHAP UP)は男性・女性兼用の育毛剤
  2. 本当?!薄毛のメカニズムが解明!!東京医科歯科大学発表!
  3. チャップアップ(CHAP UP)の効果とは?